費用

学生の一人暮らしに1番多くかかる費用とは!?

  • LINEで送る
学生の必要経費

大学生になった。

初めてのキャンパスライフに初めての一人暮らし。

大学生になったのと同時に初めての一人暮らしをする学生は多いのではないでしょうか?

初めての一人暮らしと言えばしたい事も欲しい物も沢山なはず。

でも、一人暮らしって実はとっても費用がかかるもの…

大学生ならではの必要な費用も存在します。

仕送りの有り無は生活にとって大きな問題になってくるとは思いますが、ここでは大学生だからこそかかる費用について重点的に見て行きましょう。

1.学生限定に必用な費用

光熱費や家賃といった一人暮らしをするのに絶対に必用な費用以外にも学生にだけかかる必要な費用があります。

学生本人だけでは無く、これは親御さんにも関わってくる話し…

いったいどんな費用が必要なのでしょうか?

1-1.学費

学生だからこそかかる費用で上げられるのは学費ではないでしょうか?

実は学生の一人暮らしの費用で半分は学費がしめると言われている位、学費は生活の大きな負担となります。

勿論、公立、国立、私立では学費は大きく異なります。

まずは公立、国立、私立別での年間平均の学費を見てみましょう。

  • 国立…約620000円
  • 公立…約620000円
  • 私立…約1370000円

文学部なのか理系学部なのかで学費も変わって来ますので、上記に記したものはあくまで目安ではありますが、国公立に比べると私立は学費が2倍に跳ね上がっている事が分かりますね。

これは学費だけでは無く、学校納付金等の学校で必要な物も含めていますが、年間この金額…

それを12ヶ月で割ったとしても、国公立は1ヶ月で約52000円。

私立では約115000円となってしまいます。

国公立は学費だけで月々の家賃同等の金額、そして、私立では家賃の倍の金額になる事が分かりました。

2.一人暮らしにかかる主な費用

学生の一人暮らしはお金がとにかく無いはず。

だからこそ、一人暮らしにかかる費用はきちんと把握し、月々の計画をきちんと立てて生活しなければなりません。

大体どれ位の金額を目安に考えれば良いでしょうか?

2-1.生活費

学生が一人暮らしをするのに最低限に必用な物が。

まずは家賃と光熱費です。

学生は生活を切り詰めて生活するのですから、家賃は大体田舎であれば40000円以内。

都会であっても60000円以内に抑える事が相場の様です。

しかし、家賃では無く切り詰めるのはどちらかと言うと光熱費。

学生の光熱費を以下の様にまとめてみました。

  • 電気代…1500円~5000円
  • ガス代…1000円~4000円
  • 水道代…1000円~3000円

季節にも変動はありますが光熱費は大体10000円以内に抑え、家賃と含めても平均50000円以内に抑える様にするのが学生の生活費の平均となります。

50000円以内なんて非常に辛いかもしれませんが、学生の間は頑張るしかないかもしれませんね。

2-2.食費

日本生活支援機構によると学生の食費は約25000円~28000円が目安とされています。

これは1日にすると1000円も使えないという事。

これはすごい事です。

お惣菜や外食ばかりをしていると1日に1000円以下での食費なんて不可能です。

外食を控え、お昼もお弁当にする等、食費を抑えていく必要がありますね。

2-3.交際費

学生は勉強が本業というのは名目上の話しで、サークルに入ったり友達との交友もきちんと持っていないと学生生活も生活しにくくなったりと支障が生まれます。

お金の少ない学生だからと言ってもやはり少なからず、交際費にお金は消えて行ってしまうもの…

しかもお金の管理が苦手な人はこの交際費が自分で自分の首を絞める可能性大。

だから、平均として月々に10000円~15000円以内に抑える様に心掛けましょう。

「お金が無いんです」と言えるのも学生の内だけの特権ですよ。

3.まとめ

学生の月々の一人暮らしの費用の大半は学費で消えて行く事が分かりましたね。

学費はどうしても抑える事が出来ないからこそ、生活費を突き詰めて行くしかありません。

学生の月々の生活費を学費の分を省いて以下の様にまとめてみました。

  • 家賃…40000円
  • 光熱費…10000円
  • 食費…30000円
  • 交際費…15000円
  • 通信費…8000円
  • 雑費…10000円

学費を抜いても月々の費用は113000円程度必要となる事が分かりますね。

学生の仕送りという物は平均すると100000円程度。

その中でどうやりくりをするか、どこを節約するのかは、一人一人異なると思います。

勿論バイトで補填する人だっているでしょう。

一人暮らしをして学校に通うか、それとも実家から通学をするのか、一人暮らしを今からスタートしようか考えている学生さんや、学生の親御さんは、是非参考にされてみてくださいね。

     
  • LINEで送る

スマホ来店型のチャット不動産




一人暮らしがしたい!でも、物件を探すにあたって、

  • いつも空いてる時間が夜なので不動産屋が空いていない

  • 質問したいだけなのに不動産屋に行くのが面倒...

  • 気になる物件があって店舗に行ったらおとり物件だった


といった不便を避けたくはありませんか?
共感してくれたあなたには、


  1. 深夜0まで営業していて、

  2. チャットで質問できる

  3. チャットで見学予約ができる



の三拍子が揃った「イエプラ」というチャット不動産で賃貸を探すという選択肢があります。

まずは「チャット不動産ってどんなものなの?」

という疑問を解消するために、登録は無料ですので無料登録してどんなサービスか試してみてはいかがでしょうか?

↓今すぐ無料登録する↓



Views

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください