寂しい

一人暮らし必見!一人でも出来る贅沢な休日の過ごし方7選

  • LINEで送る
休日の過ごし方

一人暮らしを始めて、せっかくの休日をただなんとなく過ごしてしまう人は多いでしょう。

友達が近くにいれば一緒に遊ぶこともできますが、誘う相手も誘ってくれる相手もいないと困りますよね。

ですが、ただなんとなく過ごしてしまうのはとてももったいないことです。

将来結婚したり子どもができたらできなくなることも、今ならできます。

この記事では、一人だからこそ楽しめる贅沢な休日の過ごし方をご紹介します!

1.思いっきり趣味に打ち込む

普段忙しく働いている分、休みの日は心置きなく思いっきり趣味に打ち込んでみましょう。

好きなことに全力で取り組むのは最高の気分転換になります。

どんな趣味でも最高の気分転換になりますが、できれば体を動かす趣味が良いでしょう。

インドアな趣味が多い人は、運動不足解消にもなるので新しく運動を始めてみるのも良いですね。

2.バーに行きお酒を飲む

休日の過ごし方

居酒屋ではなくあまり馴染みのないバーに行ってお酒を嗜む、そんな過ごし方もおすすめです。

バーテンダーが作ってくれる至極の1杯は、居酒屋の飲み放題ではとても味わうことのできない逸品です。

良いお店を見つけたらそこに通い、いつの日か「マスター、いつもの。」なんていうドラマや映画のワンシーンのような会話が出来るかもしれません(笑)。

気軽に足を運べる全国チェーンの居酒屋も良いですが、普段行かない場所に行く非日常感は、疲れた心に潤いを与えてくれる贅沢なひとときです。

3.一人旅

休日の過ごし方

贅沢な過ごし方の定番ですが、土日が休日の方の場合観光地に行くと混雑している場合が多いです。

混雑していると贅沢どころか逆にストレスになってしまうこともあるので、平日休みの方に特におすすめです。

連休なら1泊2日でじっくりと観光、連休でない場合も日帰り温泉で温泉とご飯で癒される、など選択肢は山ほどあります。

4.高額な買い物をする

休日の過ごし方

高い買い物をするとストレス解消になります。

趣味に関するアイテムで、今使っているものよりももっと良いモデルを買う、高いお酒を買う、意を決して車くらいの高額な買い物も良いかもしれません。

ただ、勢いだけで買うのではなく、ある程度の常識の範囲内で計画的にお金を使いましょう。

5.全力で休む

休日の過ごし方

外出して一日充実した時間を過ごすことばかりが贅沢な過ごし方ではありません。

一日をしっかり休む時間として使うのも最高の贅沢です。

午前中寝過ごすスローな生活を送っていても怒る人がいない、これは一人暮らしの特権と言えるでしょう。

この過ごし方をするときには、あくまで休むことに全力投球してください。

なんとなくごろごろしてスマートフォンをいじっているのはNGです。

ただなんとなくだらだらするのではなく、能動的に体を休めましょう。

軽いストレッチやウォーキングで気持ちをスッキリさせるのも良いでしょう。

6.エステや美容マッサージ

美容に敏感な女性には最高の過ごし方です。

友達とショッピングやランチをすることも贅沢な時間ですが、時には自分自身に時間とお金をかけてみましょう。

施術を受けた直後だけでなく、家に帰ってから、また次の日もその効果が続いていたら嬉しくなりますよね。

少し大きな出費になるかもしれませんが、それだけの価値がある贅沢です。

7.自己投資をする

休日の過ごし方

長い目で見た時に一番贅沢な休日の過ごし方です。

目先の楽しさや満足感にお金を使うのではなく、5年後、10年後を見据えた贅沢な休日の過ごし方です。

資格の教材を買って勉強する、投資や資産運用のスクールに通う、ジムに入会して体を鍛える、などが挙げられます。

勉強やトレーニングを継続することは大変です。すぐに効果が出ないため、挫折してしまうこともあります。

何事も最初が肝心、というように始めようとしている最初がたいへんなので、まずは騙されたと思って2,3か月真剣に取り組んでみましょう。

するとはっきりと目に見える成果が表れます。

誰にも邪魔されず集中して自分磨きができるのは一人暮らしならではでしょう。

8.行動してみる。それが何より大切

一人暮らしは自由な生活を送ることができる反面、自己管理は全て自分に責任があります。

ついだらだらと過ごし時間を無駄にしてしまうことも多いでしょう。

そんな過ごし方も時には大切ですが、積極的に行動を起こして、休日を贅沢な時間にしてみましょう。

     
  • LINEで送る

Views

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください