部屋

1DKでも広く使える!一人暮らしにお勧めなレイアウト

  • LINEで送る
1DKレイアウト

1.1DKでの一人暮らし

1-1.1DKの間取り

一人暮らしの部屋を選ぶ際に部屋の間取りは誰でも悩む点ではないでしょうか。

この記事では、一人暮らしで選ばれることの多い1DKについて紹介します。

そもそも、1DKとはダイニングキッチンともう一部屋、ベッドルームとして使用できる部屋がある間取りのことを言います。

1Kと比較してみると、食事をするダイニングスペースとベッドルームを分けることが出来るという点で異なります。

1-2.1DKのメリットとデメリット

では、一人暮らしに選ばれる1Kや1R、1LDKと比較して1DKのメリットとデメリットを紹介します。

1DKのメリット

キッチンスペースが広い

ワンルームの間取りの家と違い、キッチンスペースが広いためしっかりと自炊をしたい人にお勧めです。

食事スペースと寝る場所を分けることが出来る

2部屋に別れているため、料理の匂いがベッドルームに染み付くことがありません。

人を呼びやすい

部屋を区切ることが出来るので、人を家に招いた際もプライベートな空間を作ることが出来ます。

1DKのデメリット

家賃が高い

ワンルームの家と比較すると1DKの家賃は高くなります。

エアコンの効きが悪くなる

広い分、エアコンの効きは悪くなりそれに伴って電気代も増します。

2.1DKのお勧めレイアウト

2-1.ダイニングキッチンのレイアウト

1DKではダイニングキッチンのスペースを取ることが出来るのが大きな魅力の1つです。そのダイニングキッチンを有効に活用するためのレイアウト術をご紹介します。

カウンターキッチンを活かす

1DKではカウンターキッチンがある場合もあります。

その場合はカウンターキッチンに合った高さの椅子を置いて食事の取れるスペースを作りましょう。

そうすれば、残りのスペースにソファ置くなどゆとりのある使い方が出来ます。

カウンターキッチン

ダイニングスペースを作る

カウンターキッチンではない場合にはテーブルと椅子を置いてダイニングを作りましょう。

その際には既存のキッチンや床材、壁など素材や色味を合わせると統一感のあるオシャレな部屋を作ることが出来ます。

ダイニングスペース

2-2.ダイニングキッチンのスペースを有効活用するレイアウトを紹介

1DKのベッドルームのレイアウトを決める上で注意すべき点についてご紹介します。

家具は背の低いものを選ぶ

ベッドルームはベッドの高さや収納のも含め、高さを出さないようにすると部屋が広く見えゆったりとした雰囲気の部屋を作ることが出来ます。

ベッドルーム

狭い部屋ではベッドを中央に置くのもあり

部屋がどうしても狭い場合は、ベットを端に寄せずに置いて小さいテーブルやラックなどを空いたスペースに置くのも部屋をごちゃごちゃさせないポイントです。

中央に置く

2-3.1DKのを広く使うための収納術

一人暮らしの家は1DKであっても、狭いと感じることがあるかと思います。

ですが、どんなに狭い部屋でも収納を少し工夫するだけで快適に暮らすことができます。そんな収納術をご紹介します。

壁掛けラックを使用する

壁掛けラックはキッチン、机周り、お風呂場などどこでも使用できる収納術です。

壁掛けラックはつっぱり棒やコルクボードを使用すれば、壁に穴を空けることなくできるので賃貸でもお勧めです。

壁掛けラック

カラーボックスを利用する

どうしても収納スペースに収まらない時は収納ボックスを利用しましょう。

これなら、床に置いても重ねても使用することができ必要な分だけ購入すればいいので狭い部屋にも使いやすいアイテムです。

カラーボックス

Amazonでみる

3.1DKの一人暮らしでも快適に暮らすことができる

一人暮らしではレイアウトと収納を少し工夫するだけで快適に暮らすことが出来ます。

特に1DKでは、部屋を2つに分けることができるのでプライベートの空間も作りやすいのが特徴です。

1DKで一人暮らしを始める際は、キッチンダイニングとベッドルームのレイアウトをそれぞれ少しずつ工夫してみて下さい!

     
  • LINEで送る

Views

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください