費用

一人暮らしをする際に、女性だからこそ考慮したい3つの費用

  • LINEで送る
女性の費用

一人暮らしは自由できままに過ごせて最高。

でも、お金の面では誰かに支えて貰う事もなかなか出来ないので心配になる事もあるのではないでしょうか?

特に女性は化粧もしないといけないしお洒落もしないといけないしと、男性よりも日常的な出費が多くなってしまいますよね。

ここでは女性独自の出費を考えて月々の生活を安定させる方法を見付けてみましょう。

1.一人暮らしの部屋を探す際に必用な費用

まずは、一人暮らしをスタートする際に部屋探しの際に必要な費用を見てみましょう。

男性はどんな部屋でも生活する事が出来ますが、女性はそういう訳にはいきませんよね。

なぜなら、防犯の面からオートロックの部屋を探したりと男性よりも家賃の面でも費用がかさんでしまいます。

普通の賃貸と異なり、防犯付きのマンションや、オートロックの物件ではいくら位家賃が上がるのがを下にまとめてみました。

  1. オートロック物件であれば、平均的に普通の物件よりも20000円程高くなる
  2. 防犯カメラが付いていたりする場合は普通の物件とそこ迄変化はない

オートロックになると普通の物件よりもかなり値上がりする事が分かりましたが、

防犯カメラが付いているだけの防犯であったり、女性専用のマンションというのは普通の賃貸とそこ迄変わらない様です。

自分のお財布事情や治安と合わせて家選びを行ってみると良いかもしれませんね。

2.女性だけが絶対に必用な生活用品

男性には必要無いけれど、女性には必要となる生活用品が存在しますよね。

その生活用品は月々にするとどれ位費用がかかるのでしょうか?

2-1.生理用品

女性にはあるけれど、男性に無いもの…

それは…毎月訪れる生理ですよね…

生理用品という物は消耗品なので毎月毎月購入しなければなりません。

実はこれが痛い出費だったりするのです。

生理用品には人それぞれ買い揃え方があるとは思いますが、一般的には以下の様な購入の仕方になるのではないでしょうか?

  • 昼用ナプキン
  • 夜用ナプキン
  • パンティーライナー

少なくともこの種類だけを毎月購入するとなる月々1000円出費がかさむ事になります。

いくら金欠の時でも生理用品だけは絶対に購入しなければならないので、きちんと生理用品の分の費用は頭に入れておきましょうね。

2-2.化粧品

スッピンで出掛けていた小学生の時代とは違い、大人になると化粧品代に女性は費用を費やさなければならないですよね。

消耗品の早い化粧品と言えば以下の物が上げられます。

  • 化粧下地
  • ファンデーション
  • アイライナー
  • マスカラ
  • 口紅

全ての商品は100円均一で揃える事が出来ますが、大人の女性がお化粧に100円均一の物を使う事は無いですよね。

そうなると、どんなに低価格な物でも1000円程度からしか購入する事は出来ません。

毎月毎月すべての物を購入し直さなければならない訳では無いですが、一ヵ月に1000円~3000円は化粧品の費用として生活費から消えるであろうと考えておいた方が良いでしょう。

お金が無くて仕方無く、100円均一に走ったとしてもそれは応急処置にすぎませんよ。

ずっと安い化粧品を使っていたら、どんどん肌は悪くなってしまいますから、自分に合った化粧品を購入しましょう。

3.男性も使うかもしれないけれど圧倒的に女性が使う物

男性も購入する人はいるかもしれませんが、女性の方が多く使う日用品にはどんな物があるのでしょうか?

3-1.美容用品

一人暮らしでお金が無い時に男性が最初に減らす物と言ったら、美容用品では無いでしょうか?

毎月行っていた美容室の日数を減らしたり、トリートメントを減らしたりと髪に掛ける費用や、化粧品や日焼け止めと言った肌に掛ける費用を減らすはずです。

しかし、女性はそうゆう訳にはいかないですよね。

女性は髪が命というし、肌のメンテナンスを怠ると後々費用が多く必要になったりシミそばかすが出来て後悔する事になったり…

女性は美容用品の費用を減らすのは難しいです。

では、月々美容用品はどれ位の費用を要しているのでしょうか?

こちらもトリートメントや毎月購しない物もあるかもしれませんが、平均して1000円~3000円は必要となって来ます。

どうしてもお金が無くて購入する時が出来ない時の為に、試供品を貯めておいたりと絶対に必用な物と比べると節約の仕方はあるかもしれませんが、

男性よりも美容用品を削る事は難しいので生活費の一部として考えて置く必要があるかもしれませんね。

4.まとめ

一人暮らしは色々な面でお金がかかるけれども、それを手助けしてくれる人はいません。

だからこそ、少しでも節約したいのが現実だと思いますが、どうしても女性は男性よりも必要となってしまう費用が出て来ます。

代表的な物としてあげられるのが、以下の物がありました。

生理用品…1000円程度
化粧用品…1000円~3000円
美容用品…1000円~3000円

全体を合わせたら多くても7000円女性の方が月々費用はかさむと思って良いかもしれませんが、

結果的には美容室へ前髪をちょっとだけ切りに行く事になったと、予想外の費用は必要となるはず。
F
お金が無くて困ったとならない為にも、一人暮らしをしている女性は最低限の生活費以外にも余分に10000円程度は頭に入れておいた方が良いかもしれませんね。

     
  • LINEで送る

スマホ来店型のチャット不動産




一人暮らしがしたい!でも、物件を探すにあたって、

  • いつも空いてる時間が夜なので不動産屋が空いていない

  • 質問したいだけなのに不動産屋に行くのが面倒...

  • 気になる物件があって店舗に行ったらおとり物件だった


といった不便を避けたくはありませんか?
共感してくれたあなたには、


  1. 深夜0まで営業していて、

  2. チャットで質問できる

  3. チャットで見学予約ができる



の三拍子が揃った「イエプラ」というチャット不動産で賃貸を探すという選択肢があります。

まずは「チャット不動産ってどんなものなの?」

という疑問を解消するために、登録は無料ですので無料登録してどんなサービスか試してみてはいかがでしょうか?

↓今すぐ無料登録する↓



Views

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください