料理

一人暮らしで賢く冷凍食品を活用する方法とそのメリット3つ

  • LINEで送る
おすすめの冷凍食品

1.一人暮らしの食事問題について

一人暮らしの良さはたくさんありますが、悩みだって色々あります。

筆頭に上がるのは、お食事の悩みではないでしょうか?

よっぽど料理が好きな人でないと、一人なのをいいことに、どんどん適当になっていってしまう危険性大です。

最初は「一日一回は自炊する」と意気込んでいた人も、気付くと忙しさと疲れでほぼ全食外食・・・なんてこともありますよね。

そんな食生活に満足できていない、どうにかしたいと思っている人は多いのではないでしょうか?

今回は、そんなあなたの救世主、「冷凍食品」を賢く活用して食生活を改善する方法とそのメリット3つをお届けしたいと思います。

1-1.自炊できないのはこんな人

まず、一人暮らしだとどうして自炊するのが難しいのかを考えてみましょう。

一人暮らしで自炊できない人には、以下の2つのタイプの人が多いようです。

  1. 料理をする時間がない。
  2. 料理が苦手で、面倒だと思ってしまう。

1-2.一人暮らしだと自炊が難しいと思ってしまう理由

まずは、忙しいという理由が挙がります。

これは、多くの人が「料理=時間を取られる」と思っているからでしょう。

また、料理に対して苦手意識を持っていたり、やり慣れていなかったりすると、どうしても「面倒→できない」と思ってしまいがちです。

では、これら2つの障害を、冷凍食品という救世主がどれほど簡単に解決してくれるのかをご説明します。

2.一人暮らしで賢く冷凍食品を活用する方法

冷凍食品

一人暮らしで簡単に冷凍食品を取り入れることができる方法は、2つあります。

お弁当とお家ご飯です。

ではまずは、冷凍食品の力を借りて手軽にお弁当を準備する方法から見ていきましょう。

2-1.お弁当に冷凍食品を活用する

朝、一分でも長く布団の中にいたいと思う人や、支度に時間がかかる人、早い時間に出勤しなければならない人は、弁当作りと聞くとハードルが高いと感じるかもしれません。

でも実は、限りなく楽にお弁当を完成させるのにとっても役に立つ冷凍食品があるんです。

それは、自然解凍タイプの冷凍食品です。

冷凍食品には、基本的に自然解凍タイプ「加熱してお召し上がりください」と表示されているものとの2種類あります。

加熱するようにと明記してあるものと違って、自然解凍できるものは、朝お弁当箱に詰めるだけで大丈夫なんです。

お昼にお弁当を食べる頃には、自然解凍されて、そのまま美味しくいただくことができるんですよ。

しかも、この自然解凍タイプの冷凍食品は保冷剤の役割も果たしてくれるので、本当にお弁当向きだと言えます。

冷凍食品を何品か弁当箱に詰めるだけで、人気のコンビニ弁当にも引けを取らない、味良し彩良しのお弁当を作ることだって夢じゃありません。

是非、お試しくださいね。

自然解凍タイプのおすすめ冷凍食品のページへ

2-2.お家ご飯に冷凍食品を活用する

お家ご飯でも、冷凍食品を賢く活用するとお料理が苦ではなくなります。

料理に慣れていない人は、

例えば、インスタントラーメンにほうれん草やコーンなどの冷凍野菜を投入することから初めてみてはいかがでしょうか?

この方法ならしっかり野菜を摂ることができますし、しかもこれ、ラーメンを作っているスープに冷凍野菜を直接放り込むだけでOKのため、解凍する手間まで省けてしまうんです。

また、レトルトカレーやパスタに、ナスやブロッコリーなどの冷凍野菜を追加するという方法もあります。

他にも、チンするだけで立派な一品になるような冷凍食品がたくさんありますから、慣れるまでは無理せず、気楽にお家ご飯を楽しむようにしましょう。

インスタント食品と合わせて楽しめる冷凍食品のページへ

3.一人暮らしで賢く冷凍食品を活用する3つのメリット

ではここからは、毎日のお弁当やお家ご飯に冷凍食品を活用する大きなメリットを3つご紹介していきます。

メリットは以下の3つです。

  1. 自分で健康管理がしやすい。
  2. 時間、労力の節約になる。
  3. 自分に自信がつく。

では、早速見ていきましょう。

3-1.自分で健康管理がしやすい

冷凍食品と聞くと、料理を手抜きしたい人のためのもので、役割的にはカップラーメンと大差ないという印象を持つ人もいるかもしれません。

でも冷凍食品って、実は私達の想像以上に栄養価が高いんですよ。

冷凍食品は、そもそも料理や素材の栄養素や美味しさが損なわれないように急速で冷凍されているので、正しく解凍しさえすれば、新鮮な食材と同じ状態を保つことができるんです。

それで、冷凍食品を上手に使って自炊に取り組めば、お手軽なだけでなく、健康的に生活することが可能というわけです。

また、冷凍食品は種類が大変豊富なので、外食していた時よりも、健康管理が断然しやすくなるでしょう。

例えば、最近野菜が不足しているなと感じたら、ミックスベジタブルやシーフードミックスといった商品で、簡単に野菜不足を解消することができます。

またヒジキの煮物やきんぴらごぼう、サバの味噌煮など「おふくろの味」系の冷凍食品は栄養バランスが良く、胃にも優しい傾向があるので、体がちょっと弱っているなと感じる時にもオススメです。

しかも、すでに全て出来上がっているので、温めるだけで何の手間もいりません。

一人暮らしに病気は天敵ですから、冷凍食品を使って自分でしっかり体調管理ができるようになるメリットは大きいですね。

3-2.時間、労力の節約になる

自炊するとなると、調理の手間や時間だけでなく、食材の買い出しをする必要があります。

スーパー通いしていくうちに意外とハマった!という人は良いのですが、時間や体力的に大変な場合もありますね。

実は、冷凍食品はネット通販でも買えるんですよ。

品揃え的には大型スーパー並み、もしくはそれ以上なので、自分の条件に合ったのものを選ぶことができます。

色々気になる商品を試してみるのも楽しいですし、とことん時間をかけたくないという人にとっても、通販は便利です。

最初の一回だけ時間を取って、お気に入りのお店や商品を見つけておきましょう。

そうすれば、後は毎回同じストアをチェックするだけで良いので、ほんの数分でお買い物を終了することができます。

このように、冷凍食品には調理と買い出し両方の手間・時間を節約することができるという大きなメリットがあるんです。

おすすめの冷凍食品通販サイトへ

3-3.自分に自信がつく

自信

友達がちょっと家に寄っていきたいと言ってくる時、冷凍食品を使った調理に慣れていれば、気負わずおもてなしすることができます。

また、突然の大きな出費で金欠になっても、保存の効く冷凍食品のストックがあれば、当面しのぐことができますね。

冷凍食品を賢く活用する方法をマスターしておけば、不測の事態に難なく対処することができるようになるんです。

本来ストレスに感じることをそう感じなくなり、かえって「対処できた!自分で何とかできる!」という経験が積み重なっていくと、それは自信にも繋がってきます。

生活に冷凍食品を導入するだけで、一人暮らしを今まで以上に楽しむことができ、より前向きな気持ちで毎日を過ごすことができるようになるでしょう。

4.冷凍食品を上手に使って、心にゆとりのある生活を

一人暮らしに冷凍食品を賢く取り入れるだけで、体にも心にも大きなメリットがありますね。

冷凍食品は、忙しかったり料理が苦手だったりするあなたでも簡単に取り入れることができる、一人暮らしさんの救世主です。

まずは、スーパーで気になる冷凍食品を調達するところから始めてみましょう。

そうです、あなたも今日から、賢い冷凍食品生活をスタートさせて、心にゆとりのある生活を楽しんでいってくださいね。

     
  • LINEで送る

Views

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください