料理

一人暮らしの毎日にエナジ—チャ—ジ!の味噌汁を3種紹介します

  • LINEで送る
エナジーな味噌汁

一人暮らしの日々の食事づくり。あれこれ作るのは大変だと思っていませんか?

一人暮らしを始めて自炊に挑戦しているけれど、毎日何を作ればいいのか迷う、栄養バランスを考えると何品も作らなければならないし、、、

等々、一生懸命になればなるほど負担になってしまう、ということは多いもの。

かと言って外食や出来合いのものに頼ってしまえば栄養は偏るし、食費もかかってしまいますよね。

1. 「一汁一菜」という考え方をご存知ですか?

「一汁一菜とは、主食(白米や玄米や雑穀米)に、汁もの(味噌汁 等)一品と、菜(おかず、惣菜)一品を添えた日本における献立の構成の一つであり、粗食を指す。「一汁一菜」と言っても、汁と菜にさらに「香の物」(=漬物類)を少量添えることはしばしばある。」

(広辞苑より)

料理研究家・土井善晴さんは、

「一汁一菜が基本であると考えれば何も難しいことはありません。一汁一菜は、現代に生きる私たちにも応用できる、最適な食事です」

「ご飯と味噌汁だけでも充分です」

と著書『一汁一菜でよいという提案』(グラフィック社)の中で語っています。

味噌汁は一品で様々な栄養を一度に取れる食品でもあり、忙しい一人暮らしの方には本当におすすめの食べ物なのです。

1-1. 味噌汁の作り方は一度覚えてしまえば簡単!

味噌汁というとまずは出汁をとって、食材をタイミング良く入れて、味噌は、どうするんだっけ??などと難しく考えてしまいがちです。

しかし、味噌汁は簡単に作れる料理なのです。

こだわる方はだしをまとめて作っておけばいつでも味噌汁作りに取りかかれますし、

手軽に使える顆粒の出汁などもあり、その場合は本当に簡単に作れるので料理初心者の方も気軽に挑戦できる料理なのです。

2. どんな味噌汁が一人暮らしにはおすすめ?

2-1. 一度に必要な栄養素を補給できる「具だくさん味噌汁」

味噌汁1つで必要な栄養素が一度に取れる、具だくさん味噌汁は本当におすすめです。

具沢山の味噌汁ならタンパク質やビタミン、カルシウムなどのミネラルといった栄養素をたっぷりとることができます。

また、味噌汁の味噌は煮立たせずに溶かすことで酵素を殺さずに取り込むことができ、腸内の環境を整えることもできるのです。

2-2. 簡単に作ることのできる味噌汁

前にも述べましたが今は簡単に使える顆粒の出汁などもあるため味噌汁作りは昔に比べると本当に簡単です。

なかには出汁を使わないでできる味噌汁もあります。

忙しい一人暮らしにはそういった簡単味噌汁がおすすめです。

2-3. 飽きないように、時には「アレンジ味噌汁」

味噌汁はありとあらゆる具で作ることができ、かなりバリエーションがつけられるので飽きることは少ないですが、

たまには変わった具などでアレンジを加えるとさらに楽しむことができます。

3. 一人暮らしにおすすめの味噌汁3種

色々お野菜の豚汁風味噌汁

色々お野菜の豚汁風味噌汁

色々お野菜の豚汁風味噌汁の作り方ページへ

たくさんの季節の野菜と豚肉を使った豚汁なら栄養バランスも抜群です。

このレシピではかぼちゃをたっぷり使っていますが、かぼちゃにこだわらず、その季節で手に入りやすい野菜を入れてみて作ってみると旬の栄養を取り込むことが出来て良いでしょう。

豚汁ならご飯との相性もバッチリですよね。

簡単すぎる即席味噌汁

簡単すぎる即席味噌汁

簡単すぎる即席味噌汁の作り方ページへ

お隣の国韓国では産後すぐのお母さんにワカメのたっぷり入ったス—プを食べさせる風習があり、ワカメの滋養が昔から信じられてきた歴史が背景にあるようです。

このレシピは溶かすだけでそのまま味噌汁になる即席味噌汁用の味噌を使っていて超簡単。栄養バランスを考え、ごまや卵、じゃこなどを入れても合いそうです。

ウィンナーたっぷり、野菜たっぷり味噌汁

ウィンナーたっぷり、野菜たっぷり味噌汁

ウィンナーたっぷり、野菜たっぷり味噌汁の作り方ページへ

ウィンナーたっぷり野菜たっぷりの味噌汁はご飯だけではなくパンにも合うので朝食にもおすすめです。

このレシピではだしの素を使っていますがウィンナーは煮込むだけでいい出しが出るので、出汁を使わなくても充分美味しい味噌汁になるはずです。

牛乳や豆乳をくわえてもまろやかで美味しいクリ—ミ—な味噌汁になるでしょう。

以上、一人暮らしにおすすめの味噌汁3種でした。本当に簡単に手軽に作れるので、すぐにでも味噌汁の「一汁一菜」生活を始めてみてはいかがでしょうか?

     
  • LINEで送る

Views

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください