部屋

一人暮らしの狭いキッチンに作業台・調理台のスペースを作る3つの工夫

  • LINEで送る
キッチンのスペース

こんにちは、SoloVivi編集部です。

一人暮らしで豪邸に住んでいる人なんてなかなかいませんよね。

得にスペースが取りづらいのが、そう、キッチン(台所)ですね!

キッチンが狭いと、料理をちゃんとしたい気分になっても、どこか面倒になり、料理のやる気にも大きく影響します。

そうは言っても、

「キッチンが狭いもんは狭いんだから、作業台を置くにもスペースがないじゃないか!!」

と言いたくなるほど、大抵の人が諦めて今あるスペースで狭い思いをしながら使っているのではないでしょうか?

でも怒るのはこの記事をみてからでも遅くないですよ!

実は一人暮らしで作業台が置けない位狭いキッチンでも、ちょっとした工夫で広々快適に使える様になるのです。

一人暮らしだからこそ出来る工夫も沢山あるので、是非試して、キッチンでの過ごし方を快適にしてみましょう。

1.作業台のスペースを作る3つの方法

作業台が無いから、料理もしたくない。

それでも作業台同様のスペースが作れる魔法の方法をお教えします。

これで今日からキッチンでの作業もストレスが無くなるはずですよ。

1-1.まな板を工夫する

料理を作る時に絶対に使う物ってなんでしょうか?

そう、まな板と包丁ですね。

しかし、そのまな板は非常にスペースを取ります。

作業台が無いようなミニキッチンはドコにまな板を置いたら良いんだという疑問からスタートしてしまう位です。

そこで大事なのが以下の2つのポイントです。

  • 流し台よりも大きなまな板を使う
  • 水切り付きまな板を使う
  • 流し台よりも大きなまな板を使う事で、流し台の上にまな板を置く事が出来ます。

    これは作業台が無くてもスムーズにまな板を使えるポイントになりますので、まな板の工夫は必須ですね。

    大きいまな板

    それに加え、水切り付きのまな板を置けば、ボールに野菜を入れたり、切った物を入れるスペースが無くても同時に使用する事が出来るのでスペースの確保にもなりますよ。

    水切り付きまな板

    1-2..水切りの方法を工夫する

    茶碗を洗ったのに置く場所が無くて、鍋の中に入れたり、すぐに戸棚に直すしか無かったりと不便な思いをしていませんか?

    すぐに戸棚に直すときちんとふけていなくて、カビの元にもなってしまいますよね。

    そんなことにならないように、以下の2つのポイントを抑えましょう。

  • 流しに水切りを設置する
  • つるす
  • 一つ目は流しの一部に水切り置きを設置することです。

    これは、洗い物から出た水滴がそのまま流しへ流れて行ってくれるので、溜まった水を流したり掃除をしたりという手間も省けてプラスになります。

    気を付けなければイケナイのは、手を洗ったりする時に折角洗った茶碗に水滴が飛んでしまいなかなか乾かないといった事態になるので、洗い手洗いは避け、コマメに片付ける事をオススメします。

    水切り

    2つ目のポイントのつるすというのは、壁にステンレスの台を付けそこに洗った茶碗を置いていくという方式です。

    壁に棚を立てつけ、そこに水切り置き、そのまま棚に掛ければ良いのでは?

    という意見もあるかもしれませんが、直接では無く、水切り置きを置く事で重さが増してしまうので手作りの棚は破産をしてしまったり、壁に負担を掛けてしまう可能性が大きくなってしまいます。

    直接荒い物を置く事で、流しに水滴が落ちてくれるので乾くのも早くなるのと同時に水捨てや掃除の手間が省けます。
    これをステンレスにするポイントは木だと腐って行ってしまうからです。

    イメージが湧かない人は、フレンチ料理店でワイングラスを逆さにして天井からつるしてありますよね。

    それをイメージして頂けたら良いかもしれません。

    1-3..置き場を工夫する

    キッチンに作業台はあるのだけれど、そこが物置となってしまっているから作業台が無いのと一緒という人はいませんか?

    これは作業台が物置になっている事自体よりも一人暮らしなので狭いキッチンで置き場所が無いという事が本当の問題点となってきます。

    そこででてくる解決策はこの2点です。

  • 天井からつるす
  • 出来るだけキッチンに物を置かない
  • 荷物を置く為に台を置こうと考えると、どうしてもカラーボックスの様な場所を取る置くタイプを選択してしまいがちです。

    ですが、その置くタイプの物置きを置くスペースが無いから困っているのですよね?

    それならば天井からつるすタイプの物置を作ってみたり、壁に掛ける物置を活用してみてください。

    これは空間をうまく使っているので場所のスペースが少なくならずに物置を作成する事が出来ます。

    天井から吊るす

    それにプラス作業台がない位狭いキッチンであれば、キッチン以外の部屋にキッチンの物を置く様にしたり、キッチンに必要のない物は置かない様にしてスペースを確保しましょう。

    2.狭いキッチンを広くなるおすすめグッズ

    前項にて解説した、一人暮らしの狭いキッチンでも広々と使える工夫をする方法を述べてきました。

    ここでは具体的に、狭いキッチンを広く使えるおすすめのグッズいくつか簡単に紹介します!

    2-1.まな板

    大きいまな板

    大きいまな板は外で買うと持って帰るのが大変なのでネットで買うと便利ですね!

    Amazonでみる

    楽天市場でみる

    水切り付きまな板

    水切り付きまな板は衛生面などの観点からも汎用性が非常に良いですね!

    Amazonでみる

    楽天市場でみる

    2-2.水切り

    流し台用

    こちらは流し台におけるタイプの水切りです。デザインもスタイリッシュなので来客対策にもバッチリです。

    Amazonでみる

    高さを利用するタイプ

    こちらは高さを利用してスペースを活用する水切りです!食器が多めの方には大変おすすめです。

    Amazonでみる

    楽天市場でみる

    吊るすタイプ

    グラス専門にはなりますが、スペース活用だけでなく、これがあるとキッチンのオシャレ度がぐっと増します。

    Amazonでみる

    楽天市場でみる

    3.まとめ

    以上ここまでキッチン活用術とおすすめグッズを紹介してきました。

    キッチンに作業台が無かったりスペースが少なかったりすると料理をするのさえも嫌になりますよね。

    でも、自分の工夫次第ではスペースを確保する事だって出来ます。

    今あるスペースで工夫をしてストレス少なくキッチンに立てる様にしてみてくださいね。

    一人暮らしは自炊も大切ですよ!

         
    • LINEで送る

    Views

    コメントを残す

    *

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください