家具

一人暮らしの空間を有効利用!ベットの代わりになるソファを選ぶ3つの基準を紹介!

  • LINEで送る
ベッド代わりのソファー

新生活では、必須な家具にベッドがあります。

しかし、一人暮らしの部屋にベッドを置いてしまうと、ほかの家具や家電を置くスペースがなくなってしまう可能性があります。

部屋は広々と使える方が住み心地も良くなります。

そんなときにベッドの代わりになる家具が、ソファベッドです。

昼間はゆったりとしたリクライニングタイプに、就寝時には広々としたベッドになるため一人暮らしの部屋では効果的に使うことが出来ます。

今回は、ソファベッドを選ぶ3つのポイントを紹介します。

1.ソファベッドはここを見る!3つのポイント

1-1.座面の素材

ベッド代わりのソファー

毎日ベッドとして利用する人にとっては、座面の素材は最重要になります。

それは、ベッドの硬さや反発性などで寝心地が変化するからです。

寝心地がよくないベッドで寝てしまうと腰を痛めたりする原因にもなります。

注目する点は、ウレタンと呼ばれる、たくさんの泡の集まりからできている素材です。

寝るときにはウレタン素材の密度が高く、反発力のあるものを選ぶことが効果的です。

人の体のラインに合わせて形を変えてくれるため、背中を痛めることなく快適な睡眠を提供できます。

硬質ウレタンと高反発ウレタンと書かれているソファベッドならベッドの代わりとして利用しても効果が十分期待できるため、おすすめです。

1-2.サイズ

ベッド代わりのソファー

部屋があまり大きくない一人暮らしの部屋では、ソファベッドのサイズが重要です。

サイズが大きいベッドでは、部屋の広さによっては圧迫感があり、ベッドの大きさがデメリットになることもあるが、ソファベッドは普段使うときにはソファの代わりとして利用できるため使いやすいです。

突然の来客が来た場合にも役立ちます。

自分のベッドのほかにソファベッドが置ける環境なら、急遽ベッドにすることができます。

昼と夜でそれぞれ違った顔を見せてくれるため、住空間を有効活用してくれます。

また、サイズは睡眠時の寝返りで判断した方が効果的です。

シングルやセミダブルなどの大きさがありますが、寝返りをうつ頻度が高い人はシングルサイズでは落ちたりして危ないです。

動くことが多いのであれば大きさの確保も必要になります。

1-3.衛生対策

ベッド代わりのソファー

毎日の就寝でベッドの代わりに利用する場合は特に注意が必要なポイントです。

季節問わず寝ている間に汗を搔きますし皮脂も出ます。そのまま放置しておくとソファベッドがダニやカビに占領されます。

特にカビは、表面でなく内部に侵食してくるため、そのうえで寝る人間に悪影響を及ぼします。

時期に関係なく、もともと湿気の高い環境にいることになります。

対策の仕方ですが、ソファベッドの上にマットを敷くことでソファベッドの内部に与える影響を防ぐことができます。

しかし、ソファベッドを寝具に利用する人にとってはマットはそのままにしてしまいがちです。

マットとソファベッドの間にカビやダニの居心地の良いスペースが完成してしまうため、毎回敷き直すか起床時には、干したりする作業を要することを意識しておくとよいです。

2.ソファベッドを「ベッド」で使うか「ソファときどきベッド」にするかを決めよう

ひとりっ暮らしの部屋の大きさにもよりますが、ワンルームの空間にソファベッドを置く際は、ベッドとして利用するのが得策です。

ベッドとソファベッドを両方設置するスペースはおそらくないからです。

なので、衛生管理には最善の注意が必要です。寝ているときの汗や皮脂でカビやダニの繁殖を助けてしまいます。

1K~1DKぐらいの大きさの部屋ならベッドと小さめのソファベッドをを設置することは可能です。

突然の来客時にベッドの代わりとして利用するとき以外はソファとして利用するのが効果的です。

その際は、座面の素材やサイズを意識して購入を検討することをお勧めします。

利用用途によって購入時のポイントが違うため、自分の部屋にはどんなソファベッドが良いかを考えてから購入すると失敗しなくなりますよ。

     
  • LINEで送る

Views

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください