家具

クッションvs座椅子!一人暮らしにおすすめはどっち?3つのポイント

  • LINEで送る
クッションと座椅子のポイント

「もっと一人暮らしの部屋を快適にしたい!」と悩んでいる方は多いのではないでしょうか。

そんなときに選択肢に上がるのが、「クッション」と「座椅子」ですよね。

居心地の良い座り場所がお家にあると幸せですよね。

そこで今回は、クッションと座椅子のそれぞれのメリットと購入するときのポイントを紹介していきます。

どっちを購入しようか迷っている方の参考になれば幸いです。

1.クッションのメリット

はじめに、クッションのメリットを紹介していきます。

1-1.多くの来客にも最適

クッションはコンパクトのため、来客に備えて複数個用意することができます。

座椅子やソファの場合、どうしても座れる人数に制約が生まれます。

また、多くの来客のために増やしてしまうと部屋も狭くなるというデメリットもあります。

クッションなら数を揃えても使わない時には重ねて収納することができます。

1-2.寝転ぶときに枕になる

長時間座っているとだんだんと疲れてきませんか。

座る姿勢に疲れて浅く腰をかけようとすると、腰への負担が多くなります。

クッションなら座るのに疲れた場合に、すぐゴロンと寝転がることができますし、そのまま枕としても使うこともできます。

まさに一石二鳥です。

1-3.掃除が楽にできる

ソファは一度設置すると掃除をするのがかなり面倒になってしまいます。

しかし、クッションならベランダで干すこともホコリを叩くことも容易なので、衛生的に使うことができます。

丸ごと洗濯ができるクッションもあるので、清潔さをキープすることができます。

また、持ち運びが簡単なので、掃除機などの床掃除も楽にできます。

1-4.インテリアとしても効果的

クッションひとつで部屋をおしゃれに見せることができます。

好きな柄やおしゃれなデザインのクッションを購入することで、より素敵な部屋にすることができます。

2.座椅子のメリット

次に座椅子のメリットを紹介していきます。

2-1.背もたれでリラックス

座椅子のメリットはゆったりと背もたれに寄りかかりながらリラックスできることです。

クッション性の高い座椅子を選べば長時間座っても疲れることはありません。

また、足を伸ばして座ることもできます。

用途や気分に応じて背もたれの角度が調整できるのも座椅子の良いところです。

2-2.省スペースで移動がさせやすい

ソファだと移動させるのに労力がかかりますが、座椅子は簡単に動かせるので便利です。

配置変えや、掃除の際にも困ることがありません。

2-3.部屋を圧迫しない

一人用の座椅子はコンパクトのため部屋を圧迫させることがありません。

スッキリとした印象の部屋を保ちつつ、座椅子でゆっくりとリラックスすることができます。

3.クッションか座椅子を選ぶときの3つのポイント

クッションと座椅子。どちらも人をリラックスさせることができ、それぞれのメリットがあります。

どちらもおすすめですが、どっちかがあれば十分、二つもいらないという人も多いはず。

そこで、クッションか座椅子を選ぶときの3つのポイントを紹介します。

3-1.コストパフォーマンス

購入の際に一番気になる点は、やはりコストパフォーマンスですよね。

クッションと座椅子、どちらとも高いものから安いものまでさまざまあります。

安いものでは、クッションは1000円程度、座椅子は4000円程度で買うことができます。

もちろん、価格と質が比例関係になりやすいので、自分の予算と相談しながら選んでください。

3-2.快適さ

クッションや座椅子に求めるのは何と言っても快適さですよね。

どちらも心地よい座り心地を提供してくれますが、背もたれのある座椅子の方がよりリラックスできます。

疲れたときに後ろに寄りかかれると安心感が生まれます。

3-3.スペース

一人暮らしの人にとってスペースはとても大事です。

ベッドと机とテレビを置いたらスペースがほとんどないという人も多いと思います。

クッションならより省スペースで座ることができます。

使わないときは、部屋の端に置いたり、クローゼットにしまうこともできます。

一方、座椅子も大きな幅を取るわけではないので、部屋のレイアウトを確認しながら決めてみてください。

4.まとめ

部屋でよりリラックスするのに欲しくなるのが、「クッション」と「座椅子」。

それぞれの良さがあります。

自分の目的と用途を確認しながら快適な部屋作りを行ってみてはいかがでしょうか。

     
  • LINEで送る

Views

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください