費用

一人暮らしの生活費を正確にシミュレーションするための3つの費用

  • LINEで送る
一人暮らしにおけるシミュレーシ

1.一人暮らしには一体いくら必要なのか?

一人暮らしを始めるにあたって、一番不安に感じるのは何ですか?

きっと、ほとんどの人が「費用の問題」だと答えることでしょう。

あなたもそうですか?

では、どうしてそんなに費用の問題を気にしている人が多いのでしょうか?

1-1.一人暮らしの費用が気になる理由

一人暮らしをするにあたって費用が気になってしまうのには、様々な理由が挙げられます。

例えば、以下の2点です。

  • 一人暮らしを経験したことがないので、支出が全くの未知数に感じる
  • 自分でしっかり家計管理ができるかが不安

1-2.一人暮らしだと特に費用面で心配になる理由

経験したことがないことを不安に思うのは、当然です。

実家にいると、ガスや光熱費、食費など知らないうちに親が支払ってくれている料金が山ほどあり、一人でそれら全てを賄いきれるだろうかと心配になるかもしれません。

特に、一人暮らしの生活費がほとんどシュミレーションできていない場合は、支出が全くの未知数に感じて不安に感じるものです。

また、今まで実家ではほぼ支払っていなかった日々の食費や生活用品などの消耗品、他にも様々な雑費があることを思うと、自分で上手に家計管理ができるかわからないという人もいることでしょう。

では、どうすればそれら経済的な不安を克服することができるでしょうか?

一人暮らしにかかる費用をできるだけ正確にシュミレーションすることが、鍵となっきます。

2.どうすれば一人暮らしの費用を正確にシミュレーションすることができるか?

では、どうすれば一人暮らしで必要な費用を、できるだけ正確にシミュレーションすることができるのでしょうか?

ここでは、2つの簡単な方法(考え方)をご紹介します。

  1. 毎月固定の費用を把握する
  2. 自分でコントロールしやすい費用を考えてみる

2-1.毎月固定の費用を把握する

まずは、毎月固定の費用から考えてみることにしましょう。

毎月固定の費用の相場を把握すると、断然生活費をシュミレーションしやすくなります。

毎月固定の費用と言うと、例えば家賃や管理費、通信費における基本料金、場合によっては駐車場の使用料金などが挙げられます。

これらの費用は毎月変わらないため、大変把握しやすいです。

まずは、これら毎月固定の費用を全て書き出してみるようにしましょう。

それだけでも、だいぶ一人暮らしで必要な生活費のシュミレーションができますよ。

2-2.自分でコントロールしやすい費用を考えてみる

次に考えておきたいのは、自分でコントロールしやすいジャンルの費用についてです。

自分でコントロールしやすい費用としては、食費や娯楽費、趣味にかける費用などが挙げられます。

これらは性別や個人によって差が出てくる分野で、例えばオシャレが大好きな女性だったら、洋服やメイクに必要だと思える費用を把握しておくことができますね。

この場合、「できればかけたい費用」と、「最低限必要な費用」を書き出しておくとさらに良いですよ。

万が一不測の出費がある場合は、多少オシャレにかける費用を抑える、つまりコントロールすることができます。

このように、毎月固定の費用+自分でコントロールしやすい費用を計算してみると、かなり生活費をシュミレーションしやすくなります。

3.一人暮らしの生活費を正確にシミュレーションするための費用3つ

ではここで、一人暮らしで必要な生活費のシュミレーションをするために、特に計算しやすい3つの費用について取り上げてみましょう。

3-1.家賃の相場を知るのはマスト

あらかじめ、一人暮らしを始めたいエリアの家賃の相場を調べておくことは大切です。

家賃こそ、まず間違いなく毎月固定の費用の中でも最大の出費だからです。

家賃をある程度把握していれば、一人暮らしに必要な費用をかなりシュミレーションしやすくなります。

また相場だけでなく、ネットで自分の条件にかなう物件をいくつかチェックしてみることもオススメします。

実際に気になる物件の家賃がどのくらいなのかを見てみると、家賃のシュミレーションがさらに正確になりますよ。

3-2.食費はシュミレーションしやすい費用

次に、食費について考えてみましょう。

食費は、先に紹介した「自分でコントロールしやすい費用」の1つです。

食事は大きく分けて、自炊するかお惣菜などを購入するか、それとも外食するかの3パターンに分けられます。

例えば、もし昼食と夕食を共に外食とするなら、その日の食費は少なくとも1500円〜2000円はするでしょう。

お惣菜を購入して、ご飯を自分で炊くなどいくらか工夫するようにすると、出費はその半分ほどに抑えられるかもしれません。

また、2食共完全に自炊にすれば、もっと安く済みますね。

ただここで、注意を一言。

理想ばかりを追求して、全食自炊にするから大丈夫!と食費を甘く見積もることのないように気を付けましょう。

正直に、今の自分の能力や状況を考えることが大切です。

さらに、料理が好きな人でも、慣れない一人暮らしの最初の数ヶ月は、食事に手を抜きたくなる可能性は十分考えられます。

それで、現実的にどれほど自炊ができそうかをよく想像して、無理のない計画のもとに食費のシュミレーションをするようにしましょう。

食費は毎日発生する費用です。

食費を現実的に計算すれば、正確に一人暮らしの生活に必要な費用を割り出すのにかなり助けになってくれますよ。

3-3.通信費について考えてみる

通信費、つまり携帯電話やスマホ、WiFiに関わる料金も、比較的シュミレーションしやすい費用の一つです。

通信費には、毎月固定の料金と自分でコントロールすることができる費用とが含まれています。

まずは電話やWiFiの基本料金(毎月固定の費用)を書き出し、それから今現在かかっているその他の料金(自分でコントロールできる費用)を計算してみましょう。

使用プランを変更するなど、自分でコントロールできる出費を減らす実際的な方法があるなら、それを実践してみるのも良いですね。

ただ、シュミレーションの際には基本的に今まで利用してきた通信費の平均を参考にしてください。

実家にいるうちに節約に成功したのなら良いのですが、一人暮らしを始めてから通信費を節約しようとしても上手くいかないことがあります。

電話の利用料金は、実家でも一人暮らしでもほぼ変わることはありません。

シュミレーションとしては、あくまで今利用している料金をもとに計算するようにしましょう。

ちなみに、物件によってはインターネットを無料で使用できるところもあります。

それを部屋探しの絶対条件に加えれば、WiFi料金に関しては心配する必要がありませんよ。

4.費用を正確にシミュレーションして、計画的に一人暮らしを始めよう

一人暮らしの生活費を正確にシュミレーションするには、まず以下の3つの費用を把握するのが近道です。

  • 家賃(毎月固定の費用)
  • 食費(自分でコントロールできる費用)
  • 通信費(毎月固定の費用+自分でコントロールできる費用)

進学や就職で一人暮らしを検討している人も、一度実家を離れてみたいと考えている人も、この方法を使って一人暮らしにかかる費用をあらかじめシュミレーションしておくことができます。

一人暮らしの生活費を正確にシミュレーションすることができれば、安心して一人暮らしの良いスタートを切ることができますね。

     
  • LINEで送る

スマホ来店型のチャット不動産




一人暮らしがしたい!でも、物件を探すにあたって、

  • いつも空いてる時間が夜なので不動産屋が空いていない

  • 質問したいだけなのに不動産屋に行くのが面倒...

  • 気になる物件があって店舗に行ったらおとり物件だった


といった不便を避けたくはありませんか?
共感してくれたあなたには、


  1. 深夜0まで営業していて、

  2. チャットで質問できる

  3. チャットで見学予約ができる



の三拍子が揃った「イエプラ」というチャット不動産で賃貸を探すという選択肢があります。

まずは「チャット不動産ってどんなものなの?」

という疑問を解消するために、登録は無料ですので無料登録してどんなサービスか試してみてはいかがでしょうか?

↓今すぐ無料登録する↓



Views

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください