一人暮らしに最適なシングルベッドのサイズ・寸法とマットレス選びのコツ

一人暮らしに最適なシングルベッドのサイズ・寸法とマットレス選びのコツ

私たちの暮らしの中で、食事・睡眠・運動は健康に過ごすために大切な役割を担っています。

中でも睡眠は3分の1の過ごすと言われているので、”ベッド選び” はとても重要なんです。

現在一人暮らしをされている方、もしくはこれから一人暮らしをされるという方へ。

より長く使用して頂けるシングルベッドの選び方やサイズをご紹介させて頂きます。

また、ベッドのお値段についても触れさせて頂きます。

1.自分に合ったベッドサイズ選び

最初にベッドを選ぶ際には、まずお部屋の広さを考えてサイズを選ぶことが大切です。

一人暮らしの方のお部屋はワンルーム・1Kなどが主ではないでしょうか。

家具の置けるスペースにも限りがあると思います。

快適な生活を送るために、睡眠をしっかりととるためにも、お部屋に適したサイズのベッドを購入することがベストです。

もちろん、男女・体型差等によっても選ぶサイズが異なってくる場合があります。

一般的なベッドには下記のようなサイズがあります。

セミシングル 幅:80〜90cm×長さ:195cm
シングル 幅:90〜100cm×長さ:195cm
セミダブル 幅:120cm×長さ:195cm
ダブル 幅:140cm×長さ:195cm
ワイドダブル(クイーン) 幅:160cm×長さ:195cm
キング 幅:180〜200cm×長さ:195cm

・・と実はこんなにあります。

まずは、セミシングルサイズ

ベッドの面積を最小限におさえ、お部屋をすっきりと見せてくれるのメリットがあります。

小柄な方やお部屋の占めるベッドの面積が小さい方がいいという方におすすめです。

しかし大柄な方ですと、ベッドの幅が狭く寝返りを打つことが難しかったり、ゆったりと眠ることができないというデメリットもあります。

そしてシングルサイズ

一人暮らしの方にはぴったりのサイズです。

ですがやはりもっと余裕が欲しい、体型のある方には、セミダブルサイズをおすすめします。

セミダブルサイズはゆったりとした広さがあり、ひとりでも快適に眠ることができます。

また二人でもご使用頂けます。

ダブル・ワイドダブル・キングサイズは二人で使われる方、お部屋が広い方におすすめです。

ベッドは自分のお部屋環境や、体型に合ったサイズのものを選びましょう。

2.マットレスとフレームを選ぶコツ

サイズが決まったら、次はマットレス&フレーム選びですね。

実はベッドを選ぶ上で一番重要な部分が ”マットレス選び” なんです。

なぜかというと最初の部分でもお伝えさせて頂いたように、睡眠は健康な生活をおくるために大切な役割を担っています。

一人暮らしということもあり、なるべくリーズナブル(安い)な価格で購入したい気持ちもありますよね。

ですが、リーズナブルというだけで購入することはあまりおすすめはできません。

安価なマットレスはポケットコイルの数も少なく、すぐにヘタってしまったり寝心地にも影響が出てくる可能性があるんです。

そんな時にご提案したいのが、マットレスは自分に合ったいいものを、フレームは少し単価を下げてリーズナブルなものをおすすめします。

マットレスの種類には様々なものがあります。

ありすぎてどれを選んだらいいか・・・と悩まれる方も多いと思います。

簡単におすすめしたいのが、ポケットコイルを使用したマットレスです。

なるべくポケットコイル数の多いマットレスを選びましょう。

店頭にて実際にベッドに寝てみて、自分に合った寝心地を体感してマットレスを決めるというのも失敗しないコツのひとつです。

ネットや通販などでもたくさんのベッド商品が掲載されているので、情報や知識を得るのには十分です。

ですが気軽に購入することができる反面、実際に触ったり横になるということができません。

より長く使用したいという方には、専門店へ行き実際に寝心地を確かめることをおすすめします。
 
横になって寝てみることを躊躇される方もいらっしゃると思いますが、展示用のベッドはお気軽に寝てみて頂いて大丈夫です。
 
お店のスタッフさんもベッドを選ぶお手伝いをしてくれるはずです。

どのようなベッドを求めているかを相談し、アドバイスをもらい自分に合ったマットレスを探しましょう。

フレームを選ぶ上では、機能性やデザイン、お部屋に合ったカラーや材質を考えて選びましょう。

引出し・ライト・脚・棚・宮・コンセント付きなどフレームには機能性のあるものが多くございます。

引出しがついていれば収納スペースを確保でき、寝具や衣類等を収納することが可能です。

コンセントを差す場所が近くにあればスマホの充電も気軽にできます。

それに対し、シンプルですっきりとしたフレームも需要が高めです。

忙しい日常生活の中、ほこり等のお掃除が少なくとても楽ちんです。

脚部分をオープンにし、引出しがないものをお選び頂くとお部屋全体がすっきりとして見え、圧迫感を軽減することができます。

フレームの中にはお洒落なデザインのものも多いです。

木の温かみを感じる、曲線のものなどお好みに合わせてお選び頂けます。

またフレームの材質には木製・革張り・布張り等様々な種類があります。

お部屋の雰囲気に合わせて、フレームを選ぶのも楽しいですよ。

ベッドの選び方は、その人その人に合った使い方があると思うので一概にはいえませんが、選ぶ方法のひとつとして参考にして頂けたら幸いです。

皆さまの睡眠生活がより快適でゆったりとリラックスできるものでありますように。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 収納付きベッドアイキャッチ

    収納付きベッドのメリット、デメリットとおすすめベッド3選

  2. おすすめのタンス

    一人暮らしにおすすめなタンス10選!

  3. モノトーンコーデの家具

    一人暮らしの部屋のモノトーンコーデを成功させるおすすめ家具5選!

  4. おすすめのクッション

    一人暮らしにおすすめ?ぜひ使ってほしいクッション5選!

  5. 一人暮らしとダブルベッド

    6畳でもダブルベッドは可能か?一人暮らしでのダブルベッドのメリットと選ぶ時のポイント3つ

  6. 一人暮らしにおすすめのおしゃれな間接照明5選と取り付け方

    一人暮らしにおすすめのおしゃれな間接照明5選と取り付け方

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。