一人暮らしでキッチンが狭い人必見!キッチン収納術アイデア12選

一人暮らしでキッチンが狭い部屋に住んでいる方は収納に困ることが多いと思います。

ということで今回はキッチン収納術のアイデアを12個ご紹介したいと思います。

1.ホイル・ラップ・キッチンペーパーを壁際に吊るす

吊るすラックホイル収納

引用:https://www.instagram.com/p/Bu3zZr7nPSt/?utm_source=ig_web_button_share_sheet

棚に無造作に重ね置きしてしまいがちなホイルやラップを一本ずつ収納。

それにより取り出す際の煩わしさを無くすアイデア収納です。

キッチンが狭いなら壁際に収納スペースを作ればいいのです。

これならそれぞれの長さがひと目で分かるので、食材や食器の大きさに適切なホイル・ラップを瞬時にチョイスできますね。

2.鍋・フライパンをマグネットフックで吊るす

吊るす鍋・フライパン

引用:https://www.instagram.com/p/Bti1u01ns2z/?utm_source=ig_web_copy_link

マグネットフックは100均でも購入可能。

レンジフードに付けることにより、使用箇所であるコンロの真上に鍋やフライパンを収納できるので、取り回しが楽になりますね。

ワンルームなどの限られた平米の中で上手に収納するのためには、吊るす収納テクニックは是非とも身につけておきたいところです。

3.冷蔵庫の側面に収納スペースを作る

冷蔵庫側面

引用:https://www.instagram.com/p/Bt44Uwyg4r8/?utm_source=ig_web_button_share_sheet

冷蔵庫の側面も立派な収納スペースとなり得ます。

マグネットの付いた収納グッズを使えば、シール跡が残ることもありません。

しかし、冷蔵庫の側面にものをくっつけすぎると、冷蔵庫の排熱効率が低下し、冷蔵庫の余分な電力消耗を招く可能性があります。

収納スペースの作成は程々にするといいでしょう。

4.引出しを調味料置き場にする収納テクニック

引出し調味料置き場

引用:https://www.instagram.com/p/Brr6aAKnSKx/?utm_source=ig_web_copy_link

さまざまな大きさの容器に入った調味料を別容器に移し替えます。

そして仕切りを設けることにより収納性だけでなく、色味を統一することによるデザイン性もアップさせた技アリ収納。

5.すのことアイアンバーを使ったオシャレ効率収納術

すのこ&アイアンバー

引用:https://www.instagram.com/p/BhlB3p2Dy7w/?utm_source=ig_web_copy_link

壁面と窓にすのこを利用しラックを作成しています。

たくさんの器具が丸見え状態で収納されているのにも関わらず、雑多な印象を与えないのは、センスある色使いの賜物であると言えます。

テクニック次第で、狭いキッチンでもオシャレかつ大容量な収納スペースを作り出すことは可能。

そんなことを教えてくれるハイセンスな収納術には脱帽せざるを得ません。

6.まな板と包丁のセット収納術

シンク周り

引用:https://www.instagram.com/p/BgdjlgcHVBM/?utm_source=ig_web_button_share_sheet

まな板と包丁はほぼ必ず一緒に使うものなので、収納場所も一緒にすると取り出す際の手間が少なくなります。

重いまな板や穴のないまな板の場合、専用のラックに縦置きするのが王道の収納方法となります。

この画像には、その他にも優れた収納テクニックがふんだんに使われていますね。

無駄に空いていた蛇口上の空間を、突っ張り棒とワイヤーネットを使った壁面収納で利便性を向上。

見落としがちですが、スポンジと金たわしを別々に保管することにより、日常の洗い物の作業性をアップさせるといった細かな工夫も見受けられます。

シンクと冷蔵庫の間をアルミシートで塞ぐことにより、調理カスが床に散らばるのを防ぐという衛生面にも配慮した素晴らしいアイデアです。

7.マグネットクリップを使った、まな板収納術

マグネットクリップまな板収納

引用:https://www.instagram.com/p/BR0SSSOjDJx/?utm_source=ig_web_copy_link

2つのマグネットクリップの背中にまな板を乗せる壁面収納テクニックです。

冷蔵庫や電子レンジにも同様のテクニックを使うことができます。

なので、汎用性が高く施工の技術も不要なため、収納初心者にも優しい収納術と言えるでしょう。

8.突っ張り棒で棚を作る収納術

突っ張り棒で棚作り

引用:https://www.instagram.com/p/Bgz1_txnVpL/?utm_source=ig_web_button_share_sheet

棚が少ないからといって、皿を何枚も重ねてしまうと取り出す際に苦労しますよね。

こんなときも突っ張り棒が役に立ちます。

突っ張り棒で棚を作ることにより、お皿が積み上がる枚数を減らすことができますし、無駄な空間を減らすことができます。

この一工夫だけで、収納・取り出し時の苦労が嘘みたいに楽になります。

9.A4ファイルケース・突っ張り棒でゴミ袋を取り出しやすくする

突っ張り棒ゴミ袋

引用:https://www.instagram.com/p/Bh_tQLQgmGJ/?utm_source=ig_web_button_share_sheet

100円均一に売っているA4ファイルケースに突っ張り棒を渡してゴミ袋を取り出しやすくした収納アイデアです。

1枚出すつもりが2枚3枚同時に出てしまうというゴミ袋を取り出す際の失敗も、これなら無くすことができる便利ワザ。

散らがりがちなゴミ袋もこれでスッキリコンパクトに収納・取り出しできますね。

10.引き出しの中を小さなボックスで区切る収納術アイデア

引き出しの中

引用:https://www.instagram.com/p/BxUIQMHHmTl/?utm_source=ig_web_button_share_sheet

引き出しの中に仕切りを設けて、ごちゃごちゃしないように工夫された収納アイデアです。

皿を立てて収納することで、省スペースと取り出しやすさを実現していますね。

11.引き出しの中に有孔ボードを使った収納術

引出し有孔ボード

引用:https://www.instagram.com/p/BuANheNDnZE/?utm_source=ig_web_copy_link

有孔ボードを壁にではなく、引出しの中に使った収納アイデア。

棒を抜き差しするだけで収納レイアウトを自在に変えられます。

12.シンクの空きスペースに水切りかごを設置する

シンク上

引用:https://www.instagram.com/p/Bws_A2Hj70e/?utm_source=ig_web_button_share_sheet

水切りカゴを置くキッチンスペースが確保できないほどの狭いワンルームマンションで使える収納テクニックです。

同じ食器2~3種類しか使わない場合は、棚などに収納せずに、水切りカゴから使用→食器を洗って水切りカゴに戻すを繰り返す。

これで、棚を空けることができる上に収納して取り出すという手間も省けますね。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 8畳部屋のレイアウト徹底解説

    1Kとワンルームのケース別!8畳部屋のレイアウト解説!【一人暮らし】

  2. のれんの活用

    玄関だけじゃない!?一人暮らしの家を彩る、のれん活用術3選

  3. スクリーンで部屋を映画化

    一人暮らしの部屋に映画館に変える!スクリーン選びの3つのポイント

  4. 6畳ベッド配置アイキャッチ

    6畳部屋の理想のベッド配置のコツとおすすめベッド3選【一人暮らし】

  5. 台所の寒さ対策

    一人暮らしの台所が寒い問題!4つの解決策とは!?

  6. 一人暮らしでもキッチンをおしゃれに活用する7つの工夫

    一人暮らしでもキッチンをおしゃれに活用する7つの工夫

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。